Book

img_9784910169040_1

Book

物質と精神を繋ぐ フォノグラムー音の図形

小野田智之(著)
定価:4,500円+税
発売:2020年12月10日
判型:B5版/上製
頁数:300頁
装丁:芦澤泰偉
ISBN:978-4-910169-04-0

ヴァイオリンの名器、ストラディヴァリの音色の秘密は「音の図形」で読み解くことができる––本書ではじめて世に明らかにされる、音の図形をあらわす「フォノグラム」研究。音と図形の謎解きに留まらず、「前頭葉的世界観」と「非前頭葉的世界観」––つまり「物質」と「精神」の橋を渡すために現れた、20年以上に亘る研究をまとめた冒険の書。現代科学の限界を超えるための、古代を担いフロンティアーを行く実証の記録。カラー口絵を含め写真図版350点以上掲載、フォノグラムの間接的実在証明である等音面の物理的実証をまとめた論文「音が創る形」カラー11頁を本文に含む。

本書の内容抜粋はこちら。目次はこちらから

¥4,500

著者:小野田 智之

 
 幼少期より、自己の存在に悩み、高校時代には哲学や宗教書を読み漁る。大学在学中に、ヴァイオリン制作者・故福永氏に出会い、フォノグラム研究を共同で始める。また、数学者・小倉氏より高等数学の指導を受ける。フォノグラムとは音の図形のことであり、ヴァイオリン制作上の音と形の関係を探る目的のために発見されたものであるが、既存の学問領域に、フォノグラムという現象を見付けることができなかったため独自に研究を開始(2000年頃)。精神と物質の間に橋を架けることのできる唯一の研究領域がヴァイオリンの音と形の関係を巡る研究であり、現在の物質科学が見落としている聴覚認知の科学の可能性に迫る。 2013年に、フォノグラムの間接的実在証明である「等音面の物理的実証」に成功。学術セミナーなどで論文発表。その後、アカデミズムに幻滅し、独自路線で研究を継続、ブログやホームページ、YouTube配信などで情報発信を行う。 同志社大学大学院知識工学研究科中退(2000年)。